Read the times

やりたくない仕事はやらない

更新日:

やりたくない仕事が舞い込んできた時は、どうしますか?


そんな質問をして、まともに話になるのは自営業の方、フリーランスやアルバイトの方でしょうか?

基本サラリーマンの方は会社の指示であれば好き嫌いの話は出来ない立場かと思います。


しかし、今回は自営業やフリーランスの方向けにお話ししますのでやりたくないことをやるのかやらないのかを考えてみたいと思います。

できるかどうかを考えてみる


やるかやらないかを考えてみる前に、できるかどうかを考えてみてはいかがてしょうか。


できるできないは明確な区別がつきますのでお断りする他に選択肢がありません。


例えば、あなたは高所恐怖症だとします。
そのあなたに鳶職の仕事を依頼されたらどうですか?

出来ないと返事しますよね。


その答え正解です。


あなたは、男性と話すのが苦手な女子です。
そのあなたに、紳士服の販売員の仕事を依頼されたら受けますか?

勿論、紳士服に対する知識も殆ど有りません。


この仕事を受けた場合、どの様な結果が予想されるでしょうか。


あまり売れないのではないかと大方の人が予想すると思います。

その答えはほぼ間違いないと思います。


さらに、接客されたお客さんはどう感じるでしょうか?

使えない店員だな、なにも知らないのか・・・など、不満を感じるかもしれません。

きっと、感じるでしょう。


怖くてできないことと、苦手だからいい結果が出ないだろうと考える思考は同じなはずなのに断るか、我慢して受けるかによって大きく答えが変わります。

鳶職のお話しで、無理して請けた場合は、仕事が全く進みません。


高いところに上がらないで務まることは無いからです。

1人分丸々損です。つまり、あなたは仕事ができないということで損失を与えた事になります。

それは、紳士服販売員も同じ損失を与えた事になります。

さらに、変な店員が居るという話になりますのでダメージは、さらに大きなものとなりかねません。

接客されたお客さんもいい迷惑ですよね。

嫌われてるのか?ってつまらないことを察したりしてしまいます。


と、なると苦手とか無理とかという感覚を持つことよりも受けないという判断を出せる力とそれを合理的に断る度胸があるかどうかです。


サラリーマンに方には、断る選択肢が無いとも思えますが、自営業の方は選択肢が用意されており、断る理由はそれぞれ沢山有るかと思います。

断ることも大きな決断であること


私は、いままでも断る力が無かった為に多くの人に迷惑を掛けてきました。

実際に、やりたく無いから迷惑をかけた事も有りますし、連絡もしなくなるでしょう。


その仕事の分野は、何であるのかという事ではなくとにかくやりたくないという固いイメージがあります。

ここで、一度断ると二度と仕事を依頼されないのではないか・・・などと考えてしまいます。

しかし、前述の通り、下手な仕事を納めてしまったり、納期が遅れたりする事の方が依頼してくれたお客さんに大きな迷惑をかけてしまいます。
それこそ、二度と仕事を依頼されなくなってしまいます。


結局、仕事を失いお客様にも迷惑をかけるのであれば、最初から受けない方が精神衛生上良いかと思います。

つまり、やりたく無い事はさっさと断りましょう。


やりたい事だけ受けたいという思考ではありません。


受けてマイナスになるのは避けましょう。

というお話。


-Read the times

Copyright© Candy Concold 803 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.